SFAで経験と勘に頼らない営業活動が可能

会社には若手とベテランの社員がいて、若手は体は動くが経験がないのでなかなか効率的な仕事ができないと言われています。
ベテランは体力は若手よりもないものの経験に加えて適度に勘が働くので結果として若手よりも仕事ができるとされています。
その差がつきやすい職種として営業職があります。
他の職種に比べると個々の能力によよって差が出やすいとされていて、会社としては採用や人材育成に悩みを持っているところもあるようです。
そこで導入を検討したいのがSFAになるでしょう。
これまで経験や勘がないとできないと言われていた部分にITを導入しました。
つまりは顧客の過去の行動などがコンピュータで管理されていて、いつどんな行動をすればいいかの情報をSFAが教えてくれます。
コンピュータが出してくれる指示通りに動けばあまり経験がない人、勘が働かない人でも経験豊かな人と変わらない仕事ができるようになります。
営業職の教育負担を減らせるかもしれません。